ニキビによいビタミンC誘導体とは

 

美肌によい成分としてよく知られているビタミンCですが、ビタミンCはニキビにもよいです。

 

しかし、化粧品には配合しにくい欠点があります。安定性に欠けて水に溶かすと酸化し、肌への浸透が悪く刺激が強いです。ビタミンCを改良して化粧品に配合できるようにしたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は肌に浸透し、浸透して酵素の働きによってビタミンCに変化します。

 

ビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑制する、抗炎症作用、メラニンの生成を抑制する、コラーゲンの生成を促す働きがあります。

 

ニキビは皮脂が毛穴にたまることでできます。皮脂分泌を抑制することでニキビができることを予防、今あるニキビの治りをよくします。

 

赤くなったニキビはアクネ菌によって炎症を起こしています。炎症を放置していると色素沈着やクレーター状のニキビ跡ができてしまいます。ビタミンC誘導体は炎症を鎮めてニキビ跡を予防します。

 

コラーゲンの生成が促されることでニキビ跡が目立ちにくくなることが期待できます。ハリの回復や毛穴の引き締めも期待できます。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、親油性、水溶性と親油性の両方の性質を持ったものの3種類があります。注目されているのが水溶性と親油性の性質を持つAPPSです。浸透力が高く肌への刺激が少ないです。