大人ニキビのケアには保湿が必要

 

洗顔をしっかりしているのにニキビが治らなかった経験がありませんか。

 

思春期のニキビは洗顔をして清潔を保てば治りやすいですが、大人ニキビは思春期のニキビと原因が違うので、洗顔だけでは治らないのです。

 

大人ニキビの原因は乾燥です。肌が乾燥すると外部刺激から守るために角質が厚くなります。たまった角質で毛穴がふさがれ、毛穴内部に皮脂がたまってニキビができます。脂性肌も肌内部は乾燥していて、乾燥肌も脂性肌もニキビができるのです。

 

ニキビができているときは、皮脂を抑えるものやさっぱり系の化粧品を選びがちですが、必要なのは保湿ケアです。洗顔後は保湿成分を配合した化粧品でケアしましょう。

 

ニキビを悪化させるのがアクネ菌です。アクネ菌はオイルが大好物です。オイルを配合した化粧品を使うと、化粧品に配合されているオイルをもとに、アクネ菌が繁殖してニキビが悪化する可能性があるので、ノンオイルの保湿化粧品がおすすめです。

 

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMFなどの保湿成分がありますが、おすすめはセラミドです。ヒト型セラミドは人の肌に存在するセラミドと構造が似ており、高い浸透力と保湿力があり低刺激です。肌のターンオーバーを促す働きもあり、健康な肌へと導きます。